TOPへ戻る  >  ローソク足で何を読み取る?

ローソク足で何を読み取る?

ローソク足で読み取れる相場の流れ、トレンドとは
どんなものなのでしょうか?


・ローソクの色


実体が白のローソクは陽線と言います。
上昇基調を意味します。
実体が黒のローソクは陰線です。
これは下落基調を意味します。


・ローソクの長さ


ローソク足の長さは、エネルギーを意味します。
実体がなければ寄引同時線と言い、相場の転換点を
意味します。


・ひげの長さ


終値と高値、あるいは安値との差を表し、相場の動きの
大きさ意味します。


・長い上ひげの場合


大きく値を上げたものの下落してします程の強さしかない
ので、上昇力は弱いと考えらえます。


・長い下ひげの場合
大きく値を下げたものの、最終的には上昇してるということですから、
下落の力は弱くなってきてると、見れます。


これは基本的なローソク足んぽ見方になるので、
覚えておきましょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 FXの取引でレバレッジ1倍ってどうなの?. All Rights Reserved.