TOPへ戻る  >  株式の長期投資と短期投資

株式の長期投資と短期投資

株式を運用には、長期のものと短期のものがあります。購入した株式の値動きに合わせて、短い期間の保有で銘柄を切り替えていくことで利益をあげていくのが短期投資です。この場合は、すぐに結果が出るので、上手くいけば手持ちの現金をどんどん増やしていくことが可能です。ただし、取引回数が多いので手数料などが多くかかります。

一方で長期投資の場合は、一度買った銘柄をずっと持っておくことで株価の上昇を期待するものです。この場合は、成長株などによっては大きな利益をあげることができます。ただし、そのためにはずっと寝かせておく必要も出てきます。じっと待ち続けることになるので、売らないという忍耐力も必要になってきます。ですから、最初の銘柄選定ですべてが決まることになります。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 FXの取引でレバレッジ1倍ってどうなの?. All Rights Reserved.